【5/9】小さな巨人を生み出す複利運用

1b670ebf

消費税があがってから1ヶ月以上経過していますが、皆様のお財布事情に与える影響はいかがでしょうか?3月までと比べると、買い物するときに「やっぱり高くなったな・・・」と思われる方も多いのではないでしょうか?

消費税に端を発しガソリンも値上がりしたり、様々な物価が上がっていきますが、サラリーマンとして働いていてもその分を補うほどの賃金の値上げは見込めない企業というのが大多数だと思います。

そこで、こんな時代にだからこそ、投資の優位性を見つめなおしてみる必要があります。
今回の話題はズバリ、「複利運用」!

複利運用とは、単純に言ってしまうと、投資で稼いだお金を他に使わずに、さらに投資に使っていき、再投資をしていくことです。

実は、複利運用はサラリーマンでもしている人たちは多いです。例えば定期預金です。

ここで、モデルケースとして、1,000万円の資金があるとします。これを全額定期預金に預けます。現在の日本の定期預金の年利はおよそ0.01%です。

これを20年間ずーっと何も使わずに複利運用している場合は以下のような計算になります。

1年後 1,010万円
2年後 1,020万円
3年後 1,030万円
4年後 1,041万円
5年後 1,051万円
6年後 1,062万円
7年後 1,072万円
8年後 1,083万円
9年後 1,094万円
10年後 1,105万円

では、同じ1,000万円の資金があるとしたら、投資家としてデビューして、年利10%を複利運用する場合は以下のような計算になります。

1年後 1,100万円
2年後 1,210万円
3年後 1,331万円
4年後 1,464万円
5年後 1,611万円
6年後 1,772万円
7年後 1,948万円
8年後 2,143万円
9年後 2,357万円
10年後 2,594万円

上記のように定期預金で複利運用するよりも、投資で年利10%で複利運用していくと10年経ったときの差が1,449万円もひらいてしまうんです!

まとめ

・投資で稼いだお金はやたらめったら使うのではなく、再投資していき、複利運用すべし。
・年利が低い定期預金よりも、投資で年利10%以上で複利用していくと、最初は小さいかもしれないが10年後には巨人を生み出す力となる。

みなさんは投資をいつ始めた方がいいと思いますか?
10年後?
それとも今から?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

各種セミナー

  1. CFG3
    「キャッシュフローゲームやってみたいけど、ルールが分らない・・・。」 「キャッシュフローゲームやっ…
  2. 21CECO
    2015年、21世紀になって早15年の歳月が流れています。 21世紀になってから日本人の暮らし…
  3. P1030903
    投資をやっていて思うこと。 損失を抱える時=心に乱れが…
ページ上部へ戻る