【5/30】私にとっての投資って?

P1030903

 

 

投資をやっていて思うこと。

損失を抱える時=心に乱れがあるとき

普通の解釈だと、マーケットが自分の心を読み取るなんてありえない考え方だと思います。
経験則なんですが、心が乱れているとマーケットから見透かされて損失を抱える瞬間が訪れます。

投資ってとことん自分との戦いだと感じさせられます。

もしかしたら、人は私のことをこういうかもしれません。
「そんなに難しいことしなくても、もっと簡単に楽に収入につながるようなことをすればいいじゃん。」

たまに考えることがあります。
ほかの手段を選んでいたら、確かにもっと多くを稼いでいたかもしれません。
ですが、「簡単に楽な」手段を選んで手にした収入はまるで「砂の城」になっていることでしょう。

どんな波が襲おうとも、ビクともしない「自分」を作る修練の場。
それが私にとっての「投資の世界」なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

各種セミナー

  1. CFG3
    「キャッシュフローゲームやってみたいけど、ルールが分らない・・・。」 「キャッシュフローゲームやっ…
  2. 21CECO
    2015年、21世紀になって早15年の歳月が流れています。 21世紀になってから日本人の暮らし…
  3. P1030903
    投資をやっていて思うこと。 損失を抱える時=心に乱れが…
ページ上部へ戻る